ニートにハーブティーは要らない

ニートじゃなくてすみません

女子高生自殺ツイキャスとメンヘラ神

奈良県の女子高生が、電車に飛び込んで自殺する様子をツイキャスで生配信したことが世間を騒がせています。

実際に動画をみたけど、ほんとうにふっと消えるような感じで、儚くて淋しくなった。

親に虐待されていたこととか、彼氏に妊娠させられてたらしいこととか色々な噂が飛び交っています。世界にどうしても居場所が見つけられなくて、電車に飛び込むことがそのときの1番のナイスアイディアになってしまったんでしょうか。

こういうとき、死ぬなら迷惑かけずに死ねって言うひとが必ずいますよね。迷惑かけるかどうか配慮できるくらいの余裕があればそもそも自殺なんてしないでしょ!と毎回思います。

チャットモンチーの「世界が終わる夜に」は、ベースのあっこさんが都会人の自殺した人に対する冷たさに疑問というか悲しさを覚えたことからできた曲なんですよね。

https://chat-monchy.blog.so-net.ne.jp/2009-01-05?blog_introduction_status=no_login

この方の歌詞解説が詳しいです。


わたしが思い出したのはチャットモンチーだけではありません。

メンヘラ神を皆さん覚えていますでしょうか。
もしかしたら今回の事件で思い出した人もいるかもしれませんね。

数年前、慶応生がLINEで彼女に自殺を教唆した疑いで送検された事件がありました。その自殺した彼女がメンヘラ神でした。

彼女は常日頃からTwitterのメンヘラ芸人と化していて、リストカットやODのことをおもしろおかしくツイートしていました。今ではアカウントは消されていますが、発言をまとめたbotは残っているみたいです。


https://twitter.com/Q_sai__

そのTwitterがまあ…
エグおもしろい感じと、マジで精神がやばそうな感じとが絶妙なバランスでせめぎあっていたんですよね。もう完成されたコンテンツと化してた。こんな感じだから、自殺教唆で捕まった彼氏に同情が集まってました。死んでもしょうがないよって。わたしも正直ニュースとメンヘラ神のTwitterを見比べた直後は、「お騒がせなメンヘラ」だなって思ってしまってました。


でもメンヘラ神がやってたはてぶは、何かが違ったんですよね。


続!愛をください! - はてなブログ
http://kasuusagi.hatenablog.com/


ここにあるのは、メンヘラコンテンツ化された彼女じゃなかった。傷つきやすくて、でも世界とつながってたい生身の女の子がちょっと下ネタとかでおどけながら、こわごわ自己開示してくれてるようなそんなブログだと思いました。美容院でノブ子になった話はふつうに笑いました。


これを読むと友達になりたいとしか思えなくて、「お騒がせメンヘラ」とか蔑んでたくせに、彼女がもうどこにもいないことが淋しくなった。わたしもオナニーするし、穂村弘好きだし、半袖にするタイミングわかんないし、大学で友達いないし、ほんと友達になりたい。


こんな内面をもつ彼女を「お騒がせ」と軽蔑することしかできなかったわたしの浅はかさ。駅のホームで人身事故に舌打ちする人々。みんな他人が1つの独立した精神世界をもってるということを忘れているんだ。


私が神様だったらこんな世界は創らなかった。
と言いたいところだけど普通にこの世界で生きていきたいです。


奈良県の女子高生だって、メンヘラ神だってネットを介して最後まで世界とつながりたがってた。そしてわたしはメンヘラ神とつながりたかった。


メンヘラ神を追い求めるあまり、彼女が死ぬ前にやってた断食修行まで体験してきましたからね。
へっ