ニートにハーブティーは要らない

ニートにハーブティーは要らない

ニートじゃなくてすみません

推せるチェリストを見つけた話と、ローマ歌劇場「椿姫」の学生券が安すぎる話

 

クラシックへの知見がほぼ『のだめカンタービレ』からの知識によって構築されているわたしですが、チェロコンサートに行ってきました。ぎゃぼー

 

場所はサントリーホールの大ホール。

ベルリンフィル12人のチェリストたち」という例年やるコンサートのようで、会場は満員でした。

世界最高峰のオーケストラといわれるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロセクション全員で構成されるこのユニット。わたしはアホなので「ベルリンフィル今チェロいないけど大丈夫??」とか余計な心配をしてしまいました。

ソース画像を表示

https://binged.it/2zitSTl

 

こんなラグジュアリー空間のS席のチケットをいただき、わたしにはもったいないような最高の環境で良い音を聴いてきました。

 

ブラジル風バッハからマシュ・ケ・ナダ、ずいずいずっころばしなどバラエティに富んだ演目で構成された、チェロの多彩な音を聴かせるプログラムになっていました。オールマイラヴィングも、リベルタンゴも良かった。

 

もちろんしっかり音を楽しんできたのですが、

 

イケメンを発見してしまいました。

 

ベルリンフィル・第1ソロ・チェリスト

ブリューノ・ドゥルプレールさんです。

 

 

f:id:marple-hana1026:20180709003101j:plain

パンフレットより

 

なんか終始推せた。普通にイケメンなのもあるけど、他のチェリストが低音でリズム刻んでる間、高音で目立つソロをすごく流麗に弾いててよく目立ってた。

 

今後経済力をつけたら、コンサートにときどき行きたいなと思いました。

 

そして今日配られたパンフの中に、気になるものを発見。

f:id:marple-hana1026:20180709003137j:plain

 

ソフィア・コッポラ演出のオペラ「椿姫」来日公演であります。

ソフィア・コッポラと聞いただけで前のめりになるお姉さん方は多いと思いますが、わたしもそのひとり。

 

 

ヴァージン・スーサイズ [DVD]

ヴァージン・スーサイズ [DVD]

 

 

 

マリー・アントワネット (初回生産限定版) [DVD]

マリー・アントワネット (初回生産限定版) [DVD]

 

 

高まってきた↑↑↑

 

それでね、見てほしいのが

学生券=¥8,000だってことーーーー!!!!!

【入場料(税込)】
S=¥54,000 A=¥47,000  B=¥40,000  C=¥33,000  D=¥26,000 E=¥19,000 F=¥12,000 学生券=¥8,000
 
!?!?!?!?!?!?!?
 
やったー!!!!!!!!
 
ふつうに観ようと思えば三万くらいするところを8000円で観られるわけ。
しかもわたしはもうラストチャンスなわけ。
もう行くしかないでしょ。
 
散々「大人の休日倶楽部」でぶいぶい言わせているファザーマザーに嫉妬してきたんだもん、いいよねこのくらい。
 
学生券の受付は八月三日からだそうなので、パソコンに張り付こうと思っています。
 
生オペラを観るのも夢だったし、ソフィア・コッポラ前のめり姉さんでもあるので、この日をモチベーションにあと二か月くらいは元気でいられそうです。
 
それではおやすみなさい。