ニートにハーブティーは要らない

ニートにハーブティーは要らない

よく深夜に更新します

貝のようにしゃべらない恋人と行く、一泊二日ギッチギチ京都旅

これがリアルな京都旅だ

 

f:id:marple-hana1026:20180928231419p:plain

例のあまりしゃべらない彼氏と、京都に行った。

「なぜ京都?」って感じだけど、お互い将来のことについて考えすぎてろくに夏休みを楽しまなかったので、「とりあえず京都に行っておきましょう」ということでゆるく決まった。以下、旅の記録をつづる。Hanakoなどを読んで、京都への憧れをふくらませている人々にあえてよんでもらいたい、ぐずぐずな旅程である。

 

羽田から京都までの往復航空券+宿泊+朝食で26000円というプランを予約。ろくにリサーチもせずに飛び立った。

 

一日目

羽田空港(9:30)→伊丹空港(10:35)

f:id:marple-hana1026:20180928002834j:plain

時間がないのに羽田空港で「サブウェイのサンドイッチが食べたい」と無意味にだだをこねるわたしと、沈黙を守る彼。バタバタと乗り込み、一時間弱で大阪に着く。

 

伊丹空港→京都駅(リムジンバスで一時間くらい)

f:id:marple-hana1026:20180928003120j:plain

伊丹空港の二番バス乗り場から、リムジンバスに乗り京都駅へ。ちなみに予約はできず、Suicaなどで支払う。1310円。

 

京都駅→四条河原町(市バス乗り放題切符)

600円で市バス乗り放題切符を買ってから、四条河原町へ。高瀬川沿いをふらふら歩く。

f:id:marple-hana1026:20180928003645j:plain

サギがいた。

 

その日は祝日の翌日だったので、どこもランチをやっていなかった。唯一にぎわっていたお店に入る。

 

f:id:marple-hana1026:20180928003827j:plain

 ゆばとろろ飯(1300円)

葱や平吉 高瀬川店 (ねぎやへいきち) - 河原町/居酒屋 [食べログ]

 

四条河原町御室仁和寺(市バス)

 

f:id:marple-hana1026:20180928004623j:plain

 境内を歩く彼

f:id:marple-hana1026:20180928005411p:plain

なんで彼はあんなにいいカメラをもっているのに、こんな写真を撮るんだろう。「四つ足」と呼びたい、絶妙に気持ち悪いポージング。

f:id:marple-hana1026:20180928005600j:plain

庭。

 

仁和寺龍安寺(徒歩13分)

 

f:id:marple-hana1026:20180928005956p:plain

 

龍安寺の石庭|3つの世界遺産を巡る観光道路「京都きぬかけの路」

こういう庭が有名。混んでいた。しかしあえて裏手の人がいない縁側でくつろぐ。

 

f:id:marple-hana1026:20180928222745j:plain

彼岸花が揺れていた。わたしは蓮の花になりたい。

 

竜安寺祇園四条(市バス)

f:id:marple-hana1026:20180928010621j:plain

すでに日は沈んでいた。バス酔いした彼を鴨川の河原で励ます。蚊に五か所刺される。

 

回復した彼とそのへんを散歩。

f:id:marple-hana1026:20180928011339p:plain

八坂神社にたどり着く。

 

またぐるっと戻って先斗町へ。

f:id:marple-hana1026:20180928011453j:plain

 川床で飲み食いしている人たちを見ながら、窓際でビールを飲む。鴨川って大きいですね。

 

ホテルにチェックイン

hotel-anteroom.com

安いですが、アクセスは悪いっす。

f:id:marple-hana1026:20180928011812j:plain

 

 

f:id:marple-hana1026:20180928011824j:plain

 

f:id:marple-hana1026:20180928011845j:plain

f:id:marple-hana1026:20180928011907j:plain

広々していてきれい。

f:id:marple-hana1026:20180928012146j:plain

あと、テレビがめちゃでかかった。

f:id:marple-hana1026:20180928012208j:plainお風呂はヒバの木でできてて、浴室はガラス張り。(ラブホではありません)

シャンプーがラベンダーの香りなのがうれしかった。ドライヤーもパナソニックのちゃんとしたやつだった。

 

就寝。

 

二日目 

朝七時くらいに起きてさっさと朝食を済ませ、亀岡駅から嵐山までトロッコに乗ろうと計画していたのに、二人とも起きられず。足が筋肉痛。

 

ホテルで朝食

 

f:id:marple-hana1026:20180928221242j:plain

 

ホテルアンテルーム京都の朝食。

スパイシーな肉団子がはさまったピタパンサンドと、ピーナッツ味のデニッシュ、カレー風味のトマトスープ、イチジクのジャムとシリアルを乗せたヨーグルト、デフォルトでついてくるちっちゃなグリーンスムージー、豆乳、湯葉チップスとか牛蒡チップスをトッピングできるサラダ。ビュッフェ形式。おいしい。食器がIKEA

 

10:00 ホテル→京都駅

部屋でゴロゴロしたのち、歩いて京都駅へ。ホテルアンテルーム京都、なかなかよかった。どすえ的なおもてなしもないし、おばんざいとか出てこないし、良い感じに京都旅行からコテコテ感を拭い去ってくれる。

 

京都駅ホームにて、豪華列車「瑞風」を見る。一泊二日27万円~のラグジュアリー空間。

 

f:id:marple-hana1026:20180928230343p:plain

twilightexpress-mizukaze.jp

 

「わたしたち、瑞風に縁のない人生を送るのかしらね。」

 

「…………そうだね。」

 

11:00 嵐山

思ったより桂川がでかくて笑う。巨大なダムのような様相。

f:id:marple-hana1026:20180928222101j:plain

渡月橋は人の群れ。

 

11:30 湯豆腐の店 「松ヶ枝」

www.arashiyama-yoshimura.com

ほんとうは姉妹店の蕎麦屋のほうが有名らしい。

ここの店員さん、おそらく「京都弁きつめで」と指導されている。京都弁あんまりきいたことなかったけど、「これが京都弁か!」と思った。

 

f:id:marple-hana1026:20180928222932j:plain

わたしはてんぷらとデザートのついた宴(3000円くらい)、彼は雅(2300円くらい)。これは湯豆腐界隈ではリーズナブルな方なんだそう。抹茶豆腐とそばどうふの市松模様が綺麗。

f:id:marple-hana1026:20180928223430j:plain

すごくいい席にたまたま座れて、庭を見ながら冷やし豆腐を食べる。窓もないので風が気持ちいい。奥には桂川も見えた。景色も、ごちそう。(Hanakoとかに書いてそう)

 

13:00 天龍寺まで徒歩で移動

f:id:marple-hana1026:20180928223737j:plain

 

ズラリ。

 

f:id:marple-hana1026:20180928223841j:plain

なんか日本庭園みすぎてモチベ低くなってたので、写真がこれしかなかった。おそらく彼岸花が好きなんだろうわたしは。

 

そのまま北門を抜けて竹林の径へ。

f:id:marple-hana1026:20180928224007j:plain

 

「竹、生えてるね」

「見事な竹が、たくさん生えている」

 

ここ、早朝に来て歩けばすごく気持ちいいかもしれない。

 

14:00 祇王寺(竹林から徒歩15分くらい)

結構歩いた。

平清盛にかつて寵愛されていた祇王という白拍子が、清盛の心変わりに絶望して籠った寺。こじんまりとした、美しい苔寺

f:id:marple-hana1026:20180928224653j:plain

 

f:id:marple-hana1026:20180928224719j:plain

アクセスが悪い事もあり、人がまったくいなくて静か。一番好きな寺かもしれない。

 

またたくさん歩いて駅に向かう。

途中で焼き物屋により、兄にそっくりな狸の置物を買う。

 

15:00 JR嵯峨嵐山駅

駅の近くで17アイスの自販機を発見し、なぜか二人で食べる。「なぜここで」と二人とも思いながら食べる。しかも彼は小豆もなかをチョイスしていて、わたしはそのことに対しても「なぜ」と思う。

16:00 京都駅

お土産を買う時間はゼロ。今度はモノレールで伊丹空港に向かう。

17:00 伊丹空港

わりとギリギリに到着。でもわたしたちの便は十分遅れだったので、少しほっとする。お土産屋さんで、やっつけ仕事みたいに生八つ橋を買う。彼は何も関係ない餃子を買う。

 

検査を済ませて歩いていると、たこ焼き屋があったので駄々をこねる。

愛想のいいおばちゃんが作ってくれたたこやきを半分こして食べる。

 

伊丹空港(17:40発)→羽田空港(18:50着)

JALの機内誌を興奮しながら読んでいると、あっと言う間についた。

 

いかがだっただろうか。

これがリアルな一泊二日の京都旅行である。ちなみにわたしは楽しかった。