ニートにハーブティーは要らない

ニートにハーブティーは要らない

ニートじゃなくてすみません

音楽

「獣ゆく細道」にハマった人が聴くべき、椎名林檎の艶やか曲

エレカシ宮本浩次×椎名林檎 獣ゆく細道 椎名林檎と宮本浩次-獣ゆく細道 椎名林檎になりそこねた女子の皆さん、息してますか? わたしはかろうじて元気です。 なぜなら『獣ゆく細道』が最高すぎるから!わたしの大好物、「椎名林檎が定期的に出す艶やか曲」…

クリープハイプの『明日はどっちだ』を聴いて心を奮い立たせているOLの皆さん

全国のクリープハイプのファンは、いまだに肩身のせまい思いをしてるのだろうか。 死ぬまで一生愛されてると思ってたよ アーティスト: クリープハイプ 出版社/メーカー: Getting Better 発売日: 2013/03/19 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログ…

まだ冷凍都市で消耗してるの?

*1 と、かつての向井秀徳は言った。 なにかを布教させたい人間というのは、同じ言葉を繰り返し繰り返し唱える。 向井秀徳に関していえば、わたしたちが住む世界を冷凍都市とし、批判し続けてきた。冷凍都市の正確な意味についてはファンですらよくわかってい…

この季節にフジファブリックを聴くとえらいことになる

*1 菅田将暉が『茜色の夕日』をむせび泣きながら弾き語る動画 ※タップすると再生されます 最近この動画を見て爆笑していた。菅田将暉がボロ泣きしながら思いを込めて歌っているのに、ひどいものである。でも決して馬鹿にしていたのではない。「わたしかよ」…

ネガティブな人間がKREVAを歌うというギャグ、および彼の魅力

KREVA 音色 アーティスト: KREVA 出版社/メーカー: Knife Edge 発売日: 2015/02/25 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る なんだか朝起きたら「今日イケるぞ」という気分になって、思わず口ずさんでしまった。 ※タップすると再生されます …

忌野清志郎がセブンイレブンの人みたいになってて悲しいので愛をこめておすすめ曲を紹介する【RCサクセション編】

セブンイレブンの人、だと? のっけからタイトルうっとうしいですが わたしは複雑な気持ちなわけです。 忌野清志郎の話をしようとすると、「ああ、ずっと夢~をみて~~の人ね?」と言われることが。これはわたしが大学生だからかもしれませんが、周囲からは…

素敵ナルシスト、藤井風さん

自己陶酔に、あこがれて 自己陶酔って、この世でいちばん爽やかな行為なのではないかとすら思う。 もしかしたら、わたし(たち)は自分の価値を他者からの評価にゆだねすぎているのではないか。 「自分こんな感じだけどどうっスか…?」と言う感じでおずおずと…

Spotify無料版がもたらした無駄な出会い

音楽発見サービス - Spotify Spotifyの無料版を使うメリットは正直言ってまったく無い。何曲かおきに広告が入るし、何より強制的にシャッフル再生である。 このシャッフル再生がめちゃくちゃで、水曜日のカンパネラを聴いてたら加山雄三が出てきたり、松田聖…

崎山蒼志くんはギリギリ意思疎通できるあちら側の人である

崎山蒼志くん ※タップすると再生されます。 なぁんだよ五月雨おぉい!!!! と思って以降、毎日のように崎山蒼志くんの音楽を聴いている。 わたしが崎山くんに関してたまらないと思ってるのは、彼の言葉の使い方である。 人間社会の外側からやってきたかの…

阿部寛のHPを定期的に覗きに行くことから足を洗いたい

阿部寛のホームページ 一年に数回 「まだダサいのかしら」 と気がかりになって覗きにいってしまう。 常に気がかりなわけではないけど、「阿部寛のホームページが今でもダサいのか」という問題はわたしのババロアみたいな脳みその0.01パーセントくらいを占拠…

子供のキレキレダンスはなぜこうも癖になるのか

子供が踊る。それもキレキレで。 すると笑いが起こる。 ※タップすると再生されます。 フォーーーーーーーウ!!!!と叫び、笑う大人たち。 なぜわたしたちは子供がキレキレで踊っているとウケてしまうのだろうか。 子供からしたらこちとら真面目に踊ってん…

シティポップと都市の関係 はっぴいえんどからSuchmosへ

先日小沢健二好きの人がコメントをくれたので、なんとなく音楽方面の記事をアップしたくなりました。ということで、結構前に書いたシティポップ考を載せます。なかなか情報が古いうえ、愉快な感じの文章ではないですが我慢してお読みください。 ネット世代の…

相対性理論の『気になるあの子』って小松菜奈のことじゃないかしらん

相対性理論 - 気になるあの娘 気になるあの子の頭の中は ふつう ふつう わりとふつう わたしはどうも小松菜奈に特別さを求めてしまうね。 ミステリアスであってほしいし、色っぽくそれでいて生々しさはゼロであってほしいし、その辺の凡人をシュンとさせるく…

サンボマスターの間奏の語り部分、カラオケで恥ずかしすぎる問題

嗚呼、サンボマスター サンボマスターしか聴きたくない日って、年に数回確実にありますよね。サンボマスター聴いてるときは謎の放課後感というかわくわく感があって、その感覚をむさぼりたくなる日というのが定期的に訪れる。 青春狂騒曲 サンボマスター ロ…

推せるチェリストを見つけた話と、ローマ歌劇場「椿姫」の学生券が安すぎる話

クラシックへの知見がほぼ『のだめカンタービレ』からの知識によって構築されているわたしですが、チェロコンサートに行ってきました。ぎゃぼー 場所はサントリーホールの大ホール。 「ベルリンフィル12人のチェリストたち」という例年やるコンサートのよう…

瀬戸弘司は最高のトラックメイカーである

瀬戸弘司の新作ラップが発表された。 この世で一番好きなおじさんYouTuberである。 瀬戸弘司の新作ラップ『変われ。』 エモくない?????? 途中のウクレレのリフ(アドリブタイム)みたいなんもエロいし、バックでずっと流れてるシンセの音もなんかトーフ…